MENU

テレワークは不可欠であり、可能にもかかわらず通勤を課す雇用主は処罰の対象となる(ボルヌ労働相)

テレワークは不可欠であり、可能にもかかわらず通勤を課す雇用主は処罰の対象となる(ボルヌ労働相)

Les Echos

シェアする
目次
閉じる